夢占いについて

夢占いとは、夢の中で見た内容やシンボルから何を意味しているのかを汲み取ることを指します。
夢は過去・現在・未来に通じていると考えられており、将来をより安泰に過ごすためのヒントが隠されていると考えられています。
自身が夢で見たこと・感じたことを参考に、夢占いの結果と照らし合わせてみましょう。

夢占いの歴史

平安時代の陰陽師である安部晴明も夢には不思議なメッセージがあると感じていたようです。
また、古くからヨーロッパや中国など世界各地の人々が夢に着目してきました。
現代のように簡単に各国のコミュニケーションが円滑であったわけではないはずなのに、これほど多くの国の人達が夢には何らかのメッセージがあると感じ取っていたのです。

夢占いの正しい見方

<夢占い結果に一喜一憂してはなりません>

たとえ吉夢であったとしても、凶夢であったとしても、平常心を保つ心持ちで過ごすべきです。
夢は毎日見ることもあれば、ぱったりと見なくなることもあります。
そして、その都度、夢が送るメッセージは異なります。
気になる夢を見た時は、夢占いを参考にしてみましょう。
生活において大きなヒントを得られることもあります。

<吉夢を見た時はその日1日は内緒にしておくこと>

吉夢を見た時は思わず人に言いたくなるものです。
しかし、言ってしまうと効力を失うこともあります。
1日だけ我慢して、その後に言いたくなった場合は人に教えてあげましょう。
尚、過度な期待は運を遠ざけてしまいます。

<凶夢を見たからといって恐れる必要はありません>

凶夢はあくまでも警告です。自身の行動や心を改めた方が良い結果を得られると言っている場合が多いです。
何をどうしても100%悪いことが起こるわけではありません。どうか怖がらないでください。
自身を見つめ直し、改めることで避けられる場合も多々あります。

夢占い最後に

占いの結果が占い師によって多少異なるのと同じように、夢占いにも様々な解釈があります。
しかし、大きく結果が異なる場合でも、各々のメッセージに意味はあります。
ここでの占いは、なるべく良いように受け取って考えや行動を改め、より良い人生を歩んで欲しい。
このような願いを込めて占ってあります。
受け取り方、解釈の仕方も人それぞれですが、あなたがしっくりくる受け取り方で構いません。
生きるヒントを得て、前向きに歩いて行きましょう。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。
夢占いを是非お楽しみください。